30年度 八段受審者講習会終了の報告【2018/09/08】

◯ 日   時 平成30年9月8日(土) 9:00~16:00
◯ 会   場「上越市カルチャーセンター」上越市春日新田2-19-1  
◯ 講   師
講  師    小林 英雄 範士八段 (神奈川県剣道連盟会長)
地元講師  白井 吉満 教士八段  山田 義雄 教士八段

ハ段受審者講習会の報告です。
上越カルチャーセンターにて、神奈川県剣道連盟会長  小林英雄範士をお迎えし、八段受審者講習会を開催しました。
 最初の講話では、ご自身の経験と会長就任以来、30余名の八段を産み出した体制づくりと雰囲気づくりについてお聴きすることができました。また、第12回世界選手権大会での監督としての貴重なお話も聞くことが出来ました。
 その後、6組の模擬立会いを通して、的確な指摘をいただき講習生共通の課題として受け止めました。また、力強い打突、打ち切る打突を目指し正面打突の打ち込みで、午前の部を終了しました。

午後からは、合同稽古参加者も含め、ご指導をいただきました。講話に引き続き、廻り稽古を実施し、留意する点をその都度指摘していただきました。その結果、稽古の様相が変わるのを実感しました。その後、自由稽古を経て休憩に入りました。午後の後半は、地元講師の白井吉満先生、山田義雄先生、新八段 高橋直志先生からも入っていただき指導稽古で講習会を閉じました。
   最後まで心温かく熱心に指導していただいた小林範士と講師の皆様に感謝申しあげるとともに、本講習を日頃の稽古に活かし積み上げられ、来たる審査の良い結果にあらわれることを祈念致します。

               新潟県剣道連盟 専務理事 加藤 治

過去の記事