【合格者】剣道四・五段審査 新発田(2018/12/16)

会場:新発田市カルチャーセンター

五段合格者
長岡剣道会 杉山 大和 (26)
警察剣道連盟 小原 徹雄 (26)
警察剣道連盟 西野 哲哉 (28)
見附剣道会 木村 幸裕 (46)
阿賀野市剣道連盟 田中 忍 (50)
四段合格者
白根剣道連盟 片野 隆行 (42)
新潟市剣道連盟 永嶋千恵子 (42)
新潟市剣道連盟 風間 正光 (45)
阿賀野市剣道連盟 宮田 泰 (51)

審査段位  初段〜五段    受審者総数   131名 

合格率   71.8%

受審概況

初 段   受審者   46名   合格者   39名   不合格者     7名   合格率    84.7%
弐 段   受審者   36名   合格者   34名   不合格者     2名   合格率    94.0%
参 段   受審者   20名   合格者    12名   不合格者     8名   合格率    60.0%
四 段   受審者   11名   合格者     4名   不合格者     7名   合格率    38.4%
五 段   受審者   18名   合格者     5名   不合格者    13名   合格率    27.8%

【寸  評】

先ずは合格された方おめでとうございます。
切り返しで、打ったときに相手の面に届いていない方が見受けられました。相手の竹刀を打つのでなく、相手の面の左右をしっかり打つこと。普段の稽古において、剣先がビシッと決まる打ちを手に覚えさせることが大切であり、手応えをしっかり感じた稽古をして欲しい。次の段位を目指すためにも、もっと切り返しにも重点を置いて練習していただきたい。
 
審査委員長 白井 吉満

過去の記事