【合格者】剣道四・五段審査 上越(2018/08/05)

会場:上越市総合体育館

五段合格者
燕剣道連盟 坂爪 優太 (23)
上越市剣道連盟 長谷川謙吾 (25)
長岡剣道会 本田 恵美 (48)
四段合格者
新潟市剣道連盟 松本 諒 (21)
警察剣道連盟 菅原 大貴 (24)
上越市剣道連盟 涌井 淳一 (42)

審査段位  初段〜五段    受審者総数   166名 

合格率   74.0%

受審概況

初 段   受審者   66名   合格者   60名   不合格者     6名   合格率    90.9%
弐 段   受審者   44名   合格者   38名   不合格者     6名   合格率    86.3%
参 段   受審者   35名   合格者    19名   不合格者   16名   合格率    54.2%
四 段   受審者   10名   合格者     3名   不合格者     7名   合格率    33.0%
五 段   受審者   11名   合格者     3名   不合格者     8名   合格率    27.3%
 
【寸  評】
 先ずは合格された方おめでとうございます。初段、二段については切り返し及び正面打ちがしっかりできている学校とそうでない学校の違いがはっきりしてました。中には切り返しの受け方も知らない方もおられました。それと切り返しの打突が打突部位に届いていない打ちが多くありました。しっかりと稽古を積んで欲しいと思います。それと正面打ちもよけながら刃筋をたてないで打っている人も見られました。
 原因は打たれないよう、または負けないようにが如実に出ていたように見受けられました。もう少し実のあるしっかりとした剣道を身につけて頂きたいと思います。三段につきましては手と足がバラバラで一拍子で打ってない方も数名見受けられました。気剣体一致の稽古を心掛けてください。四、五段については品位、風格を身につけて頂きたいと思います。品位に風格は正しい稽古の結果、身に付くものと考えております。日本剣道形も高い段になればなるほど理合を大事にしたいものです。

審査委員長 山田義雄
 

過去の記事