お知らせ

全日本都道府県対抗男女及び少年候補選手選考会結果について

3月3日(日) 13:00より 長岡市民体育館において都道府県対抗新潟予選会が開催されました。同会場において午前中は少年の都道府県対抗の強化選手の予選会も行われました。下記の様な結果ですのでご覧下さい。

第61回 全日本都道府県対抗剣道優勝大会 出場者

【先 鋒】 江口 脩哉 (17) (新潟商業)(高校生)BSN大会個人優勝者

【次 鋒】 内藤 真登 (19) (上 越) (大学生)

【5 将】 高橋 吉孝 (26) (新 潟) (18歳以上35歳未満)

【中 堅】 川嶋 一也 (32) (三 条) (教職員)

【3 将】 赤塚 洋紀 (31) (警 察) (警察職員)

【副 将】 藤塚   衛  (44) (新 潟) (35歳以上)

【大 将】 直原     幹  (55) (上 越) (50歳以上 教士七段以上)

 

 ※上記選手は、4月29日(月)(昭和の日)に大阪市で行われる大会に出場します。

第5回 全日本都道府県対抗女子剣道優勝大会 出場者

【先 鋒】   ※               25年度高校総体個人優勝者

【次 鋒】 白倉 由唯 (20) (三 島) (大学生)

【中 堅】 相場 しのぶ(32) ( 燕 ) (18歳以上35歳未満)

【副 将】 荒川 紀子 (39) (上 越) (35歳以上45歳未満)

【大 将】 町田 朋子 (45) (新 潟) (45歳以上)

 

※ 上記選手は、7月15日(月)(海の日) の東京都で行われる大会に出場します。

  【先 鋒】の選手は新潟代表インターハイ個人出場選手(優勝者)となります。

第5回 全日本都道府県対抗少年剣道優勝大会 新潟県候補選手選考会強化指定選手

都道府県少年剣道A~Eリーグ予選会

予選リーグ5ブロックにおいて見ごたえのある試合が続出。Eリーグにおいては(斉藤・上越)、(倉石・新潟市)、(辰口・新潟)の3名により「巴戦」となり、斉藤1位、辰口2位となりました。以下10名の選手が強化指定選手として選ばれました。

坂詰 遥聖  (上 越)
中村 美空  (新潟市)
目黒 梨紗  (新 潟)
古川 晋太郎 (中 越)
神代 竜汰  (中 越)
菅原 翼   (新潟市)
長谷川 碩亮 (中 越)
石田 将巳  (新 潟)
斉藤 脩真  (上 越)
辰口 萌子  (新 潟)

※ 来る9月15日(日)の本大会に向けて今後強化練習後、最終5名の選手が出場します。

                           ◆ 長岡市民体育館にて

todou


「公認審判講習会 4月13日(土)中越会場」開催のご案内

詳細ダウンロード →  H25.4.13 公認審判講習会(中越会場)

日時    平成25年4月13日(土)

    ○ 受 付 ① 公認審判員審査会受審者・・・ 12:00~12:20

          ② 講習会受講者・・・・・・・・   12:30~13:00

    ○ 公認審判員審査会 ・・・・・・・・・・・ 12:30~13:00

    ○ 講習会 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 13:15~15:30

    ○ 稽 古・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16:00~16:30

会場 「長岡市北部体育館」 長岡市東蔵王2-2-72   

講師  ◎ 主任講師  渡辺 幹雄 教士

    ○ 講  師  白井 吉満 教士 ・ 山田 義雄 教士

            高橋 直志 教士 ・ 清水 龍 教士

講習会受講料及び認定審査受審料

       ① 講習会受講料     1,000円

     ② 認定審査料      2,000円 

締切り期日及び申込み先

          各支部ごとに、平成25年4月5日(金)までにお申込みください。


「公認審判講習会 4月7日(日) 上越会場」開催のご案内

 詳細ダウンロード→  H25.4.7 公認審判講習会(上越会場)

 

 日時   平成25年4月7日(日)

     ○ 受 付 ① 公認審判員審査会受審者・・・ 12:00~12:20

           ② 講習会受講者・・・・・・・・ 12:30~13:00

     ○ 公認審判員認定審査会 ・・・・・・・・・   12:30~13:00

     ○ 講習会 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 13:15~15:30

     ○ 稽古・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16:00~16:30

 会場  「上越市カルチャセンタ-」上越市 春日新田2-19-1 

 講師  ◎ 主任講師  渡辺 幹雄 教士

     ○ 講  師  白井 吉満 教士 ・ 山田 義雄 教士

             高橋 直志 教士   ・ 清水 龍 教士

 講習会受講料及び認定審査受審料及び講習会受講料

     ①  認定審査受審料   2,000円 

     ② 講習会受講料    1,000円  

 締め切り期日及び申込み先

          平成25年4月1日(月)まで連盟・団体ごとにお申込みください。

   


公益財団法人新潟県体育協会より「優秀競技者賞」の受賞について

◇ 平成24年度「優秀競技者賞」を受賞 (1月30日付)

                             (当連盟より推薦)

公益財団法人 新潟県体育協会より下記のように受賞致しましたのでお知らせ致します。これは平成24年度 「第42回 全国中学校剣道大会」(8月開催)において、女子団体戦で燕中学校が優勝、また、男子個人戦は小池中学校 熊倉信広選手が準優勝という快挙でした。その栄誉を讃えて今回の受賞となりました。 

 女子団体戦  優勝 7名

    河嶋 香菜子(燕市立燕中学校3年)

  小川 梨々香(燕市立燕中学校1年)

  近藤 瑞紀 (燕市立燕中学校3年)

  長谷川 莉子(燕市立燕中学校3年)

  村山 ひなこ(燕市立燕中学校3年)

  近藤 智穂 (燕市立燕中学校1年)

  土田 苑果 (燕市立燕中学校3年)

 男子個人戦  準優勝 1名

  熊倉 信広 (燕市立小池中学校3年)

 

※ なお、燕市立燕中学校剣道部女子を平成24年度全国中学校剣道大会女子団体において3年連続5度目の優勝に導いた堀田正秀氏については、別途表彰において「特別賞」を受賞されました。多くの県民、そして体育関係者に勇気と希望を与えてくださいました。ここに賛辞を贈ると共に選手の皆様の今後の活躍を期待しお祝い申し上げます。

 

 

 

 


第68回 国民体育大会剣道競技(成年男女)候補選手選考会

【詳細及びダウンロード】→        68回国体予選要項 

日時:平成25年 3月9日(土) 午後1時00分集合  1時30分〜

場所:長岡市民体育館剣道場

   長岡市学校町1−2−1

※ 県剣道連盟支部事務局へご案内致しております。


第61回 都道府県対抗剣道優勝大会(男女)選手選考会及び少年の部選考会について(修正及び追加)

午前は少年の部選考会。午後は男女の選考会を同会場で開催致します。

①【詳細及びPDFダウンロード】→ 全日本都道府県対抗少年剣道大会予選要項

                 (平成25年度 第8回大会 9月開催予定)

日時: 平成25年 3月3日(日)  午前8時30分集合 9時00分〜

会場: 長岡市民体育館剣道場 

    長岡市学校町1−2−1

 

②【詳細及びPDFダウンロード】→ 第61回都道府県対抗要項

日時: 平成25年 3月3日(日)  午後1時00分集合 1時30分〜

会場: 長岡市民体育館剣道場 

    長岡市学校町1−2−1

※ 県剣道連盟支部事務局へご案内致しております。

 

 

 


平成25年 六・七・八段受審者講習会開催のご案内

【詳細 PDFダウンロード】→ 平成25年剣道六・七・八段受講者講習会案内 

◇ 日時 平成25年3月2日(土)

   ○ 受付 午前8時00分   ○ 開始 午前9時00分

◇ 場所

  「黒埼地区総合体育館」  新潟市西区金巻746    ℡025-377-5211

◇ 講師

   岩立 三郎範士 ・ 渡邉 幹雄教士 ・ 白井 吉満教士 ・ 山田 義雄教士

◇ 受講料

   5,000円(昼食、保険料込み)

※ 県剣道連盟各支部の事務局でとりまとめていただいております。


第41回 建国記念剣道大会開催日訂正とお詫び

「第41回建国記念剣道大会」ですが、例年2月11日に開催されていましたが

今年度は2月10日(日曜)に変更になっております。訂正とお詫び申し上げます。

(大会案内及び大会申し込み書については当初より2月10日になっております)

選手及び関係者の皆様くれぐれもお間違いの無い様にお願い致します。

場所: 東総合スポーツセンター


新潟県剣道連盟会報 第90号  掲載

新潟県剣道連盟会報 第90号(平成12月21日発行) を掲載しました。
PDFで下記よりダウンロード閲覧ができます。
【 → 会報誌をダウンロードする(PDF文書形式)

top90

※上記画像をクリックするとPDFが開き、内容をご覧いただけます。


年頭のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
昨年中は、悲願の県立武道館建設に向けた「署名活動」の展開にあたって、皆様から多数のご署名をいただき誠にありがとうございました。今後とも関係機関、各武道団体と連携を図って建設実現に向けて努力してまいりたいと思います。

 さて、全国規模の大会においては、燕中学校女子剣道部が盛夏下の全国中学校剣道大会で3連覇の偉業を達成したのを皮切りに、同大会男子個人戦で小池中学校熊倉選手が準優勝、そして当県で開催されたインタ-ハイでは、新潟商業女子剣道部の団体3位と個人戦も同校武田選手が3位に入る活躍をしてくれました。一方、秋に入っても勢いを増し、国体では新潟商業メンバ-の少年女子が3位入賞で皇后杯得点に貢献しました。そして、締めは24年最後のビック大会である全日本剣道選手権大会で木村選手が本県久々の3回戦進出を果たすなど当連盟にとって素晴らしい一年でありました。引き続き本年も小・中学生、高校生をはじめ国体等の一般男女の成果が上がりますよう、限られた予算の範囲でありますが、一層の強化に努めてまいりたいと思います。

 最後に、昨年同様、会員の皆様のご支援・ご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。

 平成25年元旦

 新潟県剣道連盟会長 毛島 勇

kejimakaicyou

 

 

 


過去の記事