お知らせ

新潟県立「謙信公武道館」ついにオープン!【2019/12/01】

12月1日(日)
 待望の県立武道館が上越市にオープン致しました。上杉謙信公、生誕の地に立つ「謙信公武道館」。この武道場は、北信越最大規模を誇り延べ床面積約1万3千平方メートルの2階建てで、千人を収容できる大道場や小道場、弓道場、相撲場など国際基準に適合した施設となっています。今後県内競技大会はもちろん国内大会、世界大会などの開催が期待されます。当日は、オープニングイベントが行われ、竣工式典の後、花角知事はじめ来賓によるテープカットや内覧会もあり大勢の来館者で賑わいました。
 当日はシドニー五輪銀メダリスト篠原信一さんのトークショーや空手家高野万優さんの形演武などの後、各武道団体による公開演武が行われ、新剣連では、高田修道館の子供たちが「木刀による剣道基本稽古法」を、清徳館の子供たちが「日本剣道形」を披露しました。また体験会では剣道を紹介するDVDを制作し、モニターを設置して放映。更に、チラシを印刷し剣道を身近に感じてもらえるよう親子に配布も行ないました。また剣道の紹介、県剣道連盟のあゆみ、選手の成績や活躍した選手、初の全日本選手権優勝の「山﨑正平」先生のコーナーなど展示ブースも常設されていますので来館の際はご覧ください。

 この様子は1月に発行予定の「新潟県剣連会報106号」でも詳しくお伝え致します。

    新潟県剣道連盟 常務理事 赤塚 宰

 

↓ 高田修道館さん合宿風景をモデルに剣道連盟広報部が作成させていただきました。 
19A4剣道配布PDF

 

武道館で上映されたビデオ→ こちらです(限定公開)

 

 


「一般財団法人 たくろう未来基金」活動の報告【2019/11/21】

とき:11月21日(木曜日) 
会場:燕市立燕中学校

 本年度も「一般財団法人  たくろう未来基金」の活動が、始まりました。土田茂博・政代ご夫妻による、わずか10歳で亡くなった拓朗君が打ち込んでいた剣道を通して、子どもたちの健全育成を支援し剣道の普及を願う活動です。生きていれば30歳となる平成28年から始まりました。
   本年度最初は、燕市立燕中学校で実施されました。1年生6クラス剣道選択者の2コマの授業で実施され、「少年と剣道」のスライド上映と「竹刀・竹刀立て」の寄贈が行われました。また、午後から燕剣道連盟吉田賢一会長からも同席していただき教育委員会に、授業における剣道採用についてお願いをしてきました。 今年度は今後、十日町市立松代中学校・上越市立清里中学校での実施が予定されています。
 県内237校中、中学校における 体育授業での剣道実施校は、20数ケ校です。各教育委員会および各加盟団体と連携を取りながらこの活動が生きるよう新剣連も活動して参ります。各加盟団体からも情報提供をお願い致します。
                                                              専務理事   加藤   治 
 
 

新潟県合同稽古会(中越会場)の報告【2019/11/17】

とき:令和元年11月17日(日)
会場:長岡北部体育館

八段 2名 七段 19名
六段 9名 五段・四段  7名

計 37名

11月17日(日)午前9時 新剣連主催の中越地区合同稽古会が長岡北部体育館で行われました。参加人数は37名の稽古会でした。
 中越地区副会長の細貝秀幸先生のご挨拶から始まり、準備体操、そして素振りの指導をして頂きました。上谷貴洋先生、その後、渡辺久雄先生の指導で切り返し、正面打ち、摺上げ技、返し面を中心とした基本稽古を50分程行い15分休憩。そして山田義雄先生、高橋直志先生、渡辺久雄先生の元立ちで指導稽古。約50分、無事終了となりました。

 その後山田義雄先生に講評をお願い致しました。
「剣道の入り口である、いわゆる剣道における”所作ごと”そして”立ち振る舞い”が、常日頃、無意識に自分は出来ているか?」が問われました。剣道にとって一番大事なことがともするとなおざりになっていないか?今一度、自己をふり返って見る事、また自らの技量を確かなものとして後進の指導にあたることができるかどうかを考えさせられる有意義な稽古会でした。参加の皆様には感謝申し上げます。

 

     事業普及委員 田辺一彦

 


剣道昇段審査会(12月15日)新発田会場開催について

1.日  時 : 令和元年12月15日(日)

2.会  場 : 新発田市カルチャーセンター

3.審  査 : 初段~五段

4.審査方法 : 全日本剣道連盟段位審査規定及び審査細則

※学科試験の方法が変更になりました。解答用紙に自筆で記入しご持参ください。

 問題および解答用紙は「様式ダウンロード」よりダウンロードできます。

詳細はこちら → 新発田審査会

ご確認ください → 登録番号の確認・学科試験解答用紙の提出について


11月9日 15:55〜 UX新潟テレビ21 Anbitious 放映

#10新潟商業高等学校剣道部 長谷川選手&神代選手
 (ドキュメンタリー番組)

詳細はこちら →  新潟テレビ21 Anbitious

              放送日

11月9日(土)午後3時55分〜4時25分

 是非ご覧ください。

           新潟県剣道連盟


剣道公認審判員講習・同審査会 佐渡地区終了の報告【2019/11/03】

1.日  時 : 令和元年11月3日(日)

2.会  場 : 両津総合体育館

【講習会について講評及び審査会寸評】

 午前中は先生方の審判講習会がありました。佐渡の殆どの先生方が熱心に受講され、そのまま午後の昇段審査を見守っておられました。日頃指導している受審者の修練の成果を固唾をのんで見守っておられ、静寂の中に緊張感が満ち、初段1番の受審者が、充実した気勢で遠間、触刃の間、一足一刀に攻め込み、見事な面打ち。さらに大きく刃筋の通った左右面の切り返し、それは見事なものでした。初段から三段まで、満点の切り返しでした。
 立会も、ただガムシャラに打ち込むのではなく、打突の好機をつくり、ねらいながらの理合に沿った打ちでした。剣道着、袴、剣道具の着装は乱れなく、着装は美しさを感じました。相手への目付が良く礼法の合わせも途滞ることなくできていました。形は、構え、技、理合、残心、それに足捌き、一片のミスもありませんでした。

 この度は、審査にあたった先生方も褒め称えておりました。指導者の「剣道を正しく真剣に学び」を基に、愛情をもって、誠心誠意、指導にあたっておられることや幼少年剣士に寄り添って共に修練していることがうかがわれました。ある指導者から「日頃の指導に自信がもてました。」と言う言葉をいただきました。来年はもっと大勢の受審者がいるとのこと、頼もしい事であります。菊池会長はじめ佐渡剣連の先生方にご協力いただき、ありがとうございました。この場をおかりしてお礼を申し上げます。高校教師として四年間在島し剣道指導された藤塚直先生も来島し見守っておられました。指導者としての大切なひとつではないかと考えさせられました。

審査委員長 遠山 正宣


新潟県合同稽古会「中越会場」の開催について(11月17日)

標記の合同稽古会を下記のとおり開催いたします。

日   時 : 令和元年11月17日(日)

        9:00~11:45

場   所 : 長岡北部体育館

       (長岡市東蔵王2-2-72 TEL:0258-24-6116)

詳細はこちら → 合同稽古会(長岡会場)


指導者講習会「日本剣道形」・「指導法」終了の報告【2019/10/20】

◯ 日   時   令和元年10月20日(日)9:00~16:00
◯ 会   場   黒埼地区総合体育館 
◯ 講   師   大矢 稔 全日本剣道連盟参与  山﨑 尚 教士八段

地元講師    白井吉満 教士八段  山田義雄 教士八段  高橋直志 教士八段

対  象 剣道指導者
▷ 受講者  86名

 内訳 七段 48名
    六段 15名
    五段 12名
    四段  7名  三段 3名 二段 1名

   講習内容(午前)

  1. 大矢教士(全剣連参与)講話

・全剣連の方向性について
・全剣連の事業の目的、基本方針
・全剣連の指導に関する重点事項
・問題点の指摘(つばぜり合い・三所防ぎあい)の
・剣道の競技化進行と剣道の乱れ、質の変化
・「変形な構え等の防御態勢」の修正に向けて 
 等の指導者として貴重な講話をいただいた。

 2. 日本剣道形

大矢教士、山﨑教士による示範指導

・足さばき、呼吸法、理合、残心、歩み足 等

    (午後)

3 山﨑教士による指導法

・竹刀袋、着装から入り「剣道修練のいろはの『い』から『ん』まで徹底的に指導をいただいた。

4 指導稽古は2分間回り稽古

・全講師が分散して回り稽古に入っていただき指導いただいた。

総  評(寸評)

大矢講師(全剣連参与)講話は圧巻でした。本県出身の大矢講師は新県連発展におもいを寄せた熱のこもった講話内容で勇気づけられました。

・全剣連の方向性について
・全剣連の事業の目的、基本方針
・全剣連の指導に関する重点事項
・問題点の指摘(つばぜり合い・三所防ぎあい)
・剣道の競技化進行と剣道の乱れ、質の変化
・「変形な構え等の防御態勢」の修正に向けて
等の指導者として貴重な講話をいただいた。

 午後は山﨑講師による指導法でありました。・竹刀袋、着装から入り「剣道修練のいろはの『い』から『ん』まで徹底的に指導をいただいた。手の内のきいた刃筋正しい示範を目に焼き付け、本県剣道発展のため、幼少年剣士はじめ、剣道愛好家に正しい剣道を導いていただければと願っております。本県出身の大矢講師、山﨑講師の故郷に思いを寄せた熱い指導にこの場をお借りして厚く感謝申し上げます。

 審査・講習委員長

   遠 山 正 宣

 

六・七段受審者講習会終了の報告【2019/10/19】

◯ 日   時   令和元年10月19日(土)9:00~16:00
◯ 会   場   黒埼地区総合体育館 
◯ 講   師   谷 勝彦 範士八段  山崎 尚 教士八段

地元講師     白井吉満 教士八段  山田義雄 教士八段  高橋直志 教士八段

対  象
 ① 令和元年11月六・七段審査会受審者
 ② 受審期限に達していないものの、今後受審を予定している五・六段受有者

講習内容(午前)

  1. 谷 範士による講話
    段審査受審に当たっての「受審者の心構え、実技審査のポイント等」
  1. 模擬立会(従来のやり方)
    七段審査にあっては 谷範士、白井教士、高橋教士
    六段審査にあっては 山崎教士、山田教士
  1. 六・七段ごとに実技指導

    (午後)

  1. 模擬審査を実施
    六・七段に分かれて3人の講師による、審査形式で実施、審査用紙(評価票)
    で評価していただいた。
  1. 指導稽古
    各講師元立ちによる指導稽古を実施
  1. 閉講式での講師の講評

【総  評】

 9月22日(日)、本連盟が合格への環境づくりとして「八段審査講習会」をはじめて開催しました。その講習内容も従来の内容の上に進化させた形の項目により行いましたところ、受講生から「意義深い講習会でした。」との好反響を得ました。
 この度の六・七段の講習会もこれに沿った講習項目で行い、内容の充実した、師弟同学の疎通された講習会でした。特に素面、素小手の谷範士による示範はまさに剣道の土台を示されました。「構えたときの左手位置、左踵について、切っ先、鎬、攻め」などであります。特に「攻め」、「溜め」、「捨て」、「残心」を力説されました。最後は指導稽古の時間を十分にとり、充実した講習会となりました。合格を祈念申し上げ報告とします。
 
  審査・講習委員長
           遠 山 正 宣


全日本剣道連盟主催合同稽古会「北信越地区」の開催について(12月7日)

標記の合同稽古会を下記のとおり開催いたします。

日   時 : 令和元年12月7日(土)

        13:00~15:00

場   所 : 新湊アイシン軽金属スポーツセンター 小アリーナ

       (富山県射水市久々湊467番地 TEL:0766-82-8277)

詳細はこちら → 北信越合同稽古会(富山)


過去の記事