お知らせ

木村友哉選手:第60回全日本剣道選手権大会

平成24年11月3日(祝)日本武道館にて、第60回全日本剣道選手権大会が行われました。

新潟県の代表として木村友哉選手が、初参加ながらも3回戦まで進出をし、見事ベスト16となりました。

試合の様子は、全日本剣道連盟YouTubeサイト(http://www.youtube.com/user/ZennipponKendoRenmei/)にてご覧いただけます。
※下記動画は、全日本剣道連盟の了解のもと上記サイトよりリンクをしております。

<1回戦> [赤](新潟)木村 友哉 メド-ド  藤田 浩輝(滋賀)[白]

<2回戦> [赤](福岡)林田 浩志  メ-メメ 木村 友哉(新潟)[白]

<3回戦> [赤](新潟)木村 友哉   -メ  網代 忠勝(兵庫)[白]


12/8 全日本剣道連盟主催(北信越地区)合同稽古会


11/4昇段審査会(佐渡)要項【2012/9/27】

● 大会要項ダウンロード【PDF形式】



県連会報89号を追加しました【2012/8/8】

県連会報89号を追加しました


昇段審査会 学科問題(初段~五段) 平成24年度後期

学科試験問題(2012年9月~2013年2月開催審査会場)

1.   初段
(1)「稽古の心構え」について述べなさい。                              
(2)「切り返しの方法」を説明しなさい。
(3) 相手と向かい合った時、相手のどこをみたらいいのか述べなさい。
(4)「気剣体一致」について説明しなさい。
(5)「残心」について説明しなさい。

2.   二・三段
(1)「稽古で心掛けねばならないこと」とはどのような事か述べなさい。
(2)「三殺法」について説明しなさい。
(3)「打ち込み稽古と掛り稽古の違い」を述べなさい。
(4) 日本剣道形で使われている「五つの構え」について書きなさい。
(5)「有功打突の条件」について説明しなさい。

3.   四・五段
(1)「指導者としての心構え」について述べなさい。
(2)「残心の重要性」について述べなさい。
(3)「払い技」についてを説明し、「指導上の留意点」を述べなさい。
(4)「四戒」について説明しなさい。
(5)「剣道試合・審判規則第1条(本規則の目的)」を書きなさい。


7/8 公認審判講習会(下越会場)の開催について【2012/6/4】

要項【→ PDF形式の文書でダウンロードする


5/19全剣連主催(北信越地区)合同稽古会の開催について【2012/5/19】


6/23 第7回新潟県女子剣道講習会開催について【2012/5/18】

要項・申し込み書【→ PDF形式の文書でダウンロードする


5/26合同稽古会(五泉)開催について【2012/5/18】

要項・申し込み書【→ PDF形式の文書でダウンロードする


【合格者】剣道七段ー愛知  (2012/05/12)

剣道七段合格者 (平成24年05月12日 名古屋市枇杷島SC)

渡邉 義浩 (51) 


過去の記事