お知らせ

令和3年度 第1回審査員研修会の開催報告【2021/05/22】

令和3年度 第1回審査員研修会の開催報告及び審査・講習等に関する変更等資格取得について

 令和3年5月22日(土)、午前9時から審査・講習会に関し、共通理解を図ることと、各自の資質の向上をねらいとして開催しました。

 内容については以下のとおりであります。

1 令和3年度 審査・講習に関する変更事項

 〇 剣道公認審判員講習会における講習生以外の模擬試合者の活用について
①  その年度における重点事項を明確に絞り、そのねらいに応じて講習生以外(大学生・高校生・中学生・小学生等)を模擬試合者として活用する。

※ 令和3年度は、コロナ禍の状況を踏まえて、受講生以外の模擬試合者を活用せず、若手受講者から模擬試合をお願いしています。

 〇 剣道称号受審資格について

   受審日以前(2年間)に下記新剣連主催の講習会を受講した者

①公認審判員講習会

②指導者講習会(指導法「木刀による剣道基本技稽古法」・日本剣道形)

③称号受審者講習会(座学)

ただし、全剣連が行う社会体指導員資格(錬士は中級・教士は上級)の認定を受けた者は、②と③を受けたものとみなす。

※ 令和3年11月審査より適用となります。

 〇 六・七・八段受審資格について

   受審日以前1年間に下記新剣連主催のを講習会受講した者

①公認審判員講習会

②六・七・八段受審者講習

③指導者講習会(日本剣道形)

※ 令和3年11月審査より適用となります。

2 昇段審査会における申し合せ事項を確認しました。

3 各種講習会について

 「各種講習会実施要領」と「剣道公認審判員規程」を参照してもらうために配布しました。

4 指導実技1は「木刀による基本技稽古法」、指導実技2は「日本剣道形」を行い、指導のポイントを講師役・助手役になり、指導の資質の向上を図りました。

5 基本指導、相互稽古及び指導稽古

  以上の研修会の内容でありました。まさにコロナ禍でありますが終息を願い、今年度は講習会、審査会が全て計画どおりに実施できますよう願っております。

  ご多忙の中、真摯に研さんしていただいた審査員の先生方に感謝申し上げるとともに設営、運営をしていただいた地元の先生にこの紙面をお借りしてお礼を申し上げます。

 審査・講習委員長   遠山 正宣

 


剣道昇段審査会 (6月20日)新潟会場開催について

1.日  時 : 令和3年6月20日(日)

2.会  場 : 鳥屋野総合体育館 

3.審  査 : 初段~五段

4.審査方法 : 全日本剣道連盟段位審査規定及び審査細則

※段位によって受付時間及び審査開始時間が異なります。要項をご確認の上、お間違えの無いようお越しください。

※学科試験の方法が変更になりました。解答用紙に自筆で記入しご持参ください。

問題および解答用紙は「審査会情報」よりダウンロードできます。トップページの「メニュー」の審査会情報にマウスポイントを置いて最上段で学科問題をご覧いただけます。
受審される段別に回答用紙は分かれています。学科問題は段別に出題されていますのでお間違えの無いようご注意ください。なお詳細は下記解答用紙の提出についてをお読みください。(問い合わせがあり、記載させてもらいました 6/17)

 詳細はこちら →  新潟審査会

ご確認ください →  登録の確認・学科試験解答用紙の提出について

 


新潟県合同稽古会(下越地区会場)ご案内(6月19日)

 

標記の合同稽古会を下記のとおり開催いたしますので、是非ご参加ください。

日   時 : 令和3年6月19日(土)

        受付 13:30

        開始 13:45

場   所 : サン・ビレッジしばた

       (新発田市五十公野6080番地 TEL:0254-23-8670)

詳細はこちら  →  合同稽古会(新発田)


新型コロナウイルス感染症が収束するまでの暫定的試合審判法動画公開

全日本剣道連盟は、5/16 新型コロナウイルス感染症が収束するまでの暫定的な試合審判法の動画を公開しました。試合者にとってもまた、審判上も分かりやすい内容となっています。

→  新型コロナウイルスが収束するまでの暫定的な試合審判法


剣道公認審判員講習・同認定審査会【新潟会場開催報告】

剣道公認審判員講習・同認定審査会【新潟会場開催報告】

 風薫る5月9日(日)、「母の日」に年度3か所目となる審判講習会が新潟市黒埼地区総合体育館にて開催しました。

 全剣連及び施設使用の感染拡大防止ガイドラインに沿って実施しましたが、 218名の受講者と28名の認定審査受審者の参加を得ましたことから「密」を鑑みて、二階観客席に講習者を分散しました。にもかかわらず真摯に終始熱心に受講していただきありがとうございました。

 講習会の趣旨は、審判技能の向上を図ることは勿論のこと、全剣連の目指す剣道の方向性について理解し共有することをねらいとしています。今講習で得たものを大会の審判、稽古に浸透していただければと心から願っております。

 感染症まん延の最中であります。「新型コロナウイルス感染症が終息するまでの暫定的な試合・審判法」について深くご理解をしていただきまして、剣道発展、育成及び振興にご尽力をいただければと願っております。

 この度の講習にあたりまして主管の新潟市剣道連盟の先生方には安心して受講できる環境を整えていただきました。特に、ご意見やアドバイスもいただき、的確に調整しての運営となり、所期の成果を得ることが出来ました。また、模擬試合をしていただいた受講者の方々にも合わせて心からお礼と謝意申し上げます。

今後は、7月11日(日)新発田会場11月7日(日)佐渡会場での開催となります。大勢の先生方の受講をお願いして報告とさせていただきます。

  • 認定審査の学科問題については、全剣連発行の「剣道試合・審判規則」、「剣道試合・審判・運営要領の手引き」を基に解答してください。重ねて申し上げます。

 審査・講習委員長   遠山 正宣


第 76回 国民体育大会剣道競技(成年男女)県予選会について(ご案内)

第 76 回国民体育大会剣道競技(成年男女)県予選会について(ご案内)

春暖の候、貴台におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。さて、みだしの件について、下記のとおり実施いたしますのでご案内申し上げます。

                   記

日  時:令和3年5月23日(日)
開  場 午前8時00分  開会式 午前9時 00分
試合開始 午前9時30分

会  場:長岡北部体育館
長岡市東蔵王2-2-72  TEL:0258-24-6116

 

出場資格他試合審判等について要項  → 76回 国体予選会pdfこちら

申し込み用紙 こちらダウンロード→  参加申し込み
国体予選会用 チェックシート  →  チェックシート

既に各支部にはご案内送付致しております。
申し込み・参加費振り込み等については県連事務局 5/7まで。


剣道公認審判員講習・同認定審査会【中越会場開催報告】

「剣道公認審判員講習・同認定審査会」(中越会場)開催報告

4月29日、上越会場に引き続き長岡市北部体育館にて、審判講習会が開始されました。全剣連および長岡市施設使用の感染拡大防止ガイドラインに沿って実施致しました。

あいにくの雨模様で、前日の陽気とは違い肌寒い中、換気を十分取らなければいけないということで、出入り口等を開け放しての実施となりました。

当日は、150名の受講者・14名の認定審査受審者の参加を得て、最後まで真摯に受講をしていただき感謝申し上げる次第です。また、受講者の熱心な受講態度により講師陣も一段と熱が入り充実した講習会となりました。

また、安心して受講できる環境と運営をしていただいた主管長岡剣道会と模擬試合をしていただいた若手受講生の皆様に改めて感謝申し上げる次第です。

さて、本講習会の趣旨は、審判技能を高めるとともに全剣連の目指す剣道の方向性を理解し共有することをねらいとしています。そして、それを基にそれぞれの大会および日頃の稽古に反映していただくことを意図しています。

今後は、5/9(日)新潟会場・7/11(日)新発田会場・11/7(日)佐渡会場での開催となります。災い転じて福となす、コロナ禍が収束した時に剣道が良くなったと感じられることを願い、今後も受講をお願い致します。

※認定審査の学科問題について 

全剣連発行 「剣道試合・審判規則」「剣道試合・審判・運営要領の手引き」を基に解答してください。(受付時提出)

  審査・講習委員長   遠山 正宣


【内容更新】昇段審査(開催地 京都市)を受審される皆様へ

京都市で開催の審査会は、施設管理者より施設使用の確認(承諾)を得た旨の発表がありました(4/24)。
ついては、感染予防のガイドラインに沿って予定通りの日程で審査会を実施します。

全剣連HP→ こちら

京都市で開催する審査会

4月29日:剣道六段審査会
4月30日:剣道七段審査会
5月 1日:剣道八段審査会(1日目)
5月 2日:剣道八段審査会(2日目)
5月 3日:居合道八段審査会
5月 3日:杖道八段審査会

   新潟県剣道連盟 審査講習委員会


第69回 全日本都道府県対抗剣道優勝大会中止について

4月19日(月)に正式に中止決定となりました。
当連盟としましては、昨年決定したメンバーで臨む体制でしたが、感染症拡大の懸念からやむなく中止となりました。  全剣連HP ⇨ こちら

第69回 全日本都道府県対抗剣道優勝大会

開催日:2021年04月29日(木)
会場名:エディオンアリーナ大阪

 2021(令和3)年4月29日に開催を予定していた第69回全日本都道府県対抗剣道優勝大会は、開催地である大阪府の新型コロナウイルス症新規感染者が急増しており、報道によれば大阪府知事は緊急事態宣言を国に要請するとのことです。
 全剣連は、こうした状況を勘案し、出場選手や関係者の安全を守るため、大変残念ではありますが、中止することとしました。

 


剣道公認審判員講習・同認定審査会【上越会場開催報告】

「剣道公認審判員講習・同認定審査会」(上越会場)開催報告

令和3年度初の新剣連事業である「剣道公認審判員講習・同認定審査会」が、晴天雪景色の妙高山麓を望む謙信公武道館で開催されました。

未だ収束の兆しの見えないコロナ禍の下、今年度は感染拡大防止ガイドラインに沿って全体指導の半日開催としました。当日は、161名の受講者・10名の認定審査受審者の参加を得て、最後まで真摯に受講をしていただき感謝申す上げる次第です。また、安心して受講できる環境と運営をしていただいた主管上越市剣道連盟と模擬試合をしていただいた若手受講生の皆様に改めて感謝申し上げます。

さて、本講習会の趣旨は、審判技能を高めるとともに全剣連の目指す剣道の方向性を理解し共有することをねらいとしています。そして、それを基にそれぞれの大会および日頃の稽古に反映していただくことを意図しています。

今年度は「新型コロナウイルス感染症が収束するまでの暫定的な試合・審判法」(別紙当日配布資料)の伝達講習を中心にしています。3/14コロナ禍の中開催された全日本選手権大会の試合分析(別紙「暫定的な試合審判法の試合分析結果」)を踏まえ、まとめられた現段階での試合・審判規則の運用です。全剣連では、下記の趣旨を理解していただき、共通認識を図り、剣道を見直す機会ととらえています。

「つば(鍔)競り合い」および意図的な「時間空費」や「防御姿勢による接近する行為」の解消(現行規則の適切な運用の徹底)

① これまでの試合は、試合時間の3分の2以上が、つば(鍔)競り合いである。これを無くして、立会の間合からの攻め合いを中心とした試合展開へ善導する。

② 剣道の試合にとって「勝負」の要素は大事であるが、姑息な勝負の是正を図り、反則ぎりぎりの勝負ではなく真向勝負する態度を養う。

③ つば(鍔)競り合いの問題は試合者の態度や心の問題が大きく影響し、規則だけで裁くのは困難である。試合者と審判員が共通理解し、一体となって良い試合の場を醸成する。

災い転じて福となす。コロナ禍が収束した時に剣道が良くなったと感じられることを願い、今後も受講をお願い致します。
なお、全剣連中央講習会の折、資料として使われた動画を下記に載せておきましたので、ご活用ください。

※認定審査の学科問題について 
 全剣連発行 「剣道試合・審判規則」「剣道試合・審判・運営要領の手引き」を基に解答してください。(受付時提出)

                 専務理事 加藤 治

※ 必見です !!

 ▷ 香田委員長の動画説明 → こちらです

 

 

 

 ▷   コロナウイルス感染症が収束するまでの暫定的な試合・審判法→ こちらです
  全剣連試合・審判委員会 委員長 香田郡秀

 ▷  対象試合【暫定的な試合審判法】→ 分析結果です

 ・第68回全日本剣道選手権大会:全63試合
 ・第59回全日本女子剣道選手権大会:全63試合


過去の記事