大会情報

第58回全日本都道府県対抗剣道優勝大会結果【2010/4/29】

4月29日(木)大阪市中央体育館に於いて、第58回全日本都道府県対抗剣道優勝大会が開催されました。

新潟県チームは、一回戦の山梨県を相手に、先鋒戦で先行したものの中盤で逆転され、残念ながら一歩及ばず1-2で惜敗致しました。

選手のみなさん大変お疲れ様でした。

結果

一回戦 1(1)-2(3) 山梨県

本県メンバーは以下の通り。 

監督 吉田 仁(新潟市)

先鋒 神保 祥太(新潟明訓高校)

次鋒 菊地 和史(大阪体育大)

五将 岡 晋輔(新潟市)

中堅 宮田 和寛(上越)

三将 下間 慎二(県警)

副将 會田 年幸(新潟市)

大将 佐藤 弘則(栃尾)


3/6国体並びに都道府県対抗大会選考会開催について【2010/1/14】

平成22年1月14日

郡市剣道連盟会長 様

新 潟 県 剣 道 連 盟

会 長   前 田  利 雄 [ 公 印 省 略 ]

65回 国民体育大会並びに 
58回全日本都道府県対抗剣道優勝大会の選手選考会について

 

 厳寒の候、貴台におかれましては益々ご隆盛のこととお喜び申し上げます。

さて、標記の件につきまして、下記とおり実施致しますのでご案内申し上げます。

1.日 時    平成22年3月6日(土)  集合 午前9時 開始 午前9時30分

2.会 場    新潟市立高志高等学校 剣道場(新潟市中央区高志1-15-1)

3.出場選手年齢

 (ア)第65回 国民体育大会 成年男子 (10月2~4日 千葉県館山市)

種 別

出   場   条   件

先 鋒

昭和60年4月2日以降~平成 4年4月1日までに生まれた者

次 鋒

昭和50年4月2日以降~昭和60年4月1日までに生まれた者

中 堅

昭和40年4月2日以降~昭和50年4月1日までに生まれた者

副 将

昭和30年4月2日以降~昭和40年4月1日までに生まれた者

大 将

昭和30年4月1日以前に生まれた者

(イ)第65回 国民体育大会 成年女子 (10月2~4日 千葉県館山市)

種 別

出   場   条   件

先 鋒

昭和55年4月2日以降~平成4年4月1日までに生まれた者

中 堅

昭和45年4月2日以降~昭和55年4月1日までに生まれた者

大 将

昭和45年4月1日以前に生まれた者

(ウ)第58回全日本都道府県対抗剣道優勝大会( 4月29日 大阪市中央体育館)

種 別

出   場   条   件

先 鋒

高校生(決定済み)

次 鋒

大学生

五 将

年齢18歳以上35歳未満の者。警察職員・教職員・高校・大学生除く

中 堅

教職員の者。年齢制限なし。

三 将

警察職員の者。年齢制限なし。

副 将

35歳以上の者。警察職員・教職員除く。

大 将

50歳以上の者。教士七段以上の者。

※   年齢基準は大会前日(4月28日)とする
※   職業資格基準は大会当日とする
※   大学生の場合、大学生個人が登録している剣道連盟、もしくは出身高校の剣道連盟のいずれか1ヶ所とする         

4.申込〆切り  平成22年2月26日(金)  県連事務局必着(それ以降は受付しません)

5.そ の 他

(1)本選考会において第65回国体候補選手を選考、及び第58回全日本都道府県対抗剣道優勝大会の選手も決定します。なお、国体選手の最終決定は5月中にします。

(2)傷害保険に加入しますので、保険料一人500円を申込書と一緒に前納願います。

(3)各連盟からの推薦人数の制限はありませんが、国体選手・都道府県選手に相応しい方をご推薦下さい。 

(4)決定した国体候補選手・都道府県選手は当日午後より合同練習会を行いますので参加するようにして下さい。

以上


第18回NST旗争奪新潟県中学校選抜剣道大会結果報告【2009/11/29】

第18回NST旗争奪新潟県中学校選抜剣道大会結果報告

11月29日(日)アスパーク亀田に於いて、第18回NST旗争奪新潟県中学校選抜剣道大会が開催されました。

結果は下記のとおりです。

 なお、女子の部優勝の燕中学校は第11回大会から続く8連覇を達成しました。 

女子の部

優    勝

燕 中学校

準 優 勝

中条 中学校

第 3 位

中之島 中学校

吉田 中学校

ベ ス ト 8(敢闘賞)

巻東 中学校

大形 中学校

五十沢 中学校

小針 中学校

※ 当初、敢闘賞の学校名に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。 

男子の部

優    勝

小針 中学校

準 優 勝

小池 中学校

第 3 位

吉川 中学校

五泉北 中学校

ベ ス ト 8(敢闘賞)

石山 中学校

中之島 中学校

燕 中学校

分水 中学校


第31回BSN高等学校剣道選手権大会結果報告【2009/11/22】


第57回全日本剣道選手権大会結果速報【2009/11/3】

 平成21年11月3日(火・祝)日本武道館において、第57回全日本剣道選手権大会が開催されました。

この大会は各都道府県より選抜された64名でその年の剣道日本一を決める大会であります。

 新潟県からは岡 晋輔選手(五段、新潟市)が出場し、宮崎県の山下選手(五段)と対戦、健闘しましたが、延長戦の末惜しくも敗退いたしました。

 優勝は、警視庁の同門対決を制し、東京都の内村選手(五段)が日本一の栄冠を勝ち取りました。

開会式の様子

岡選手

岡選手の熱戦

会場の様子


第44回全日本居合道大会結果速報【2009/10/25】

10月3日(金)~5日(月)長崎県島原市島原復興アリーナに於いて、第44回全日本居合道大会が開催されました。

本大会までの間、草間部会長、橋本監督をはじめ選手のみなさんが“必勝”の合い言葉を胸に一丸となって取り組んできた結果、団体戦では堂々の3位入賞、また個人戦においても、五段の部で今井選手が準優勝と、久々の快挙を成し遂げました。大変おめでとうございました。  

来年10月23日、新潟市において開催されます第45回大会に向け素晴らしい結果であったと思います。選手の皆様、大変お疲れ様でした。


祝総合優勝!トキめき新潟国体結果報告【2009/10/5】

10月3日(金)~5日(月)長岡市栃尾体育館に於いて、第64回国民体育大会(トキめき新潟国体)剣道競技が開催されました。

長年の強化の成果を発揮するべく、各種別において熱戦が繰り広げられ、成年男子、少年男子、少年女子では優勝、成年女子でも準優勝と、全種別で見事な結果を残し、総合優勝の栄冠を勝ち取ることができました。

監督、選手の皆様、役員、ボランティア等で大会運営にご尽力いただきました皆様、大変お疲れ様でした。

各種別結果

 

成年男子

成年女子

少年男子

少年女子

優 勝

新潟県

東京都

新潟県

新潟県

2 位

京都府

新潟県

熊本県

長崎県

3 位

岡山県

福岡県

茨城県

岡山県

4 位

熊本県

香川県

大分県

京都府

5 位

鹿児島県

北海道

岡山県

東京都

長崎県

岐阜県

栃木県

北海道

大分県

福井県

北海道

福岡県

東京都

長崎県

福島県

香川県

 

詳細

詳細

詳細

詳細

総合結果

優   勝

新 潟 県

2   位

岡 山 県

3   位

京 都 府

3   位

熊 本 県

5   位

長 崎 県

6   位

大 分 県

7   位

東 京 都

8   位

北 海 道 

本県メンバー

本県メンバーは以下の通り。

成年男子の部

監督 白井 吉満 (長岡市)
先鋒 高橋 吉孝 (新潟市)
次鋒 赤塚 洋紀 (県警)
中堅 中嶋 直人 (県警)
副将 山崎 尚 (愛知県警)
大将 白井 吉満 (長岡市) 

成年女子の部

監督 石川 美奈子 (五泉市)
先鋒 新里 知佳野 (新潟市)
中堅 荒川 紀子 (上越市)
大将 石川 美奈子 (五泉市)

少年男子の部

監督 竹内 知宏
先鋒 渡邊 飛鳥 (高志高校)
次鋒 菊地 和史 (高志高校)
中堅 小原 徹雄 (新潟商業高校)
副将 中村 太亮 (新潟明訓高校)
大将 荒木 奎介 (新潟商業高校)
選手 五十嵐 誉 (新潟商業高校)

 少年女子の部

監督 柳 留吉
先鋒 村山 まみこ (新潟商業高校)
次鋒 笹崎 みどり (新潟商業高校)
中堅 布施 真奈美 (新潟商業高校)
副将 堀田 奈緒 (新潟中央高校)
大将 星野 恵美 (新潟商業高校)
選手 宮島 望 (新潟商業高校)
選手 平原 由紀 (新潟明訓高校)


新里知佳野選手第三位入賞(第48回全日本女子剣道選手権)【2009/9/27】

9月27日、静岡県に於いて、第48回全日本女子剣道選手権大会が開催され、本県代表として出場した新里知佳野選手が、三位入賞成し遂げました。

なお、共に県代表として出場した星野恵美選手は緒戦を見事に突破し、二回戦に進出しました。惜しくも敗れはしましたが、高校生代表として、見事な試合を展開しました。

選手の皆さん、大変お疲れ様でした!


第57回全日本剣道選手権新潟県予選結果速報【2009/9/6】

平成21年9月6日(日)与板体育館において、新潟県剣道祭が開催され、その中で、第57回全日本剣道選手権大会新潟県予選が行われ、岡 晋輔選手(新潟市)が初優勝を果たしました。

 優勝した岡 晋輔選手は、11月3日に日本武道館で開催される第57回全日本剣道選手権大会に新潟県代表として出場します。

結果は下記の通り。  

  勝   
岡 晋輔
(新潟市)
準優勝
高橋 吉孝
(新潟市)
3 位   
宮田 和寛
(上越市)
3 位   
藤塚 栄
(新潟市)

新里知佳野選手第三位入賞(第14回世界剣道選手権)【2009/8/30】

8月28日~30日の日程で、ブラジルに於いて、第14回世界剣道選手権大会が開催され、本県より日本代表として女子個人戦に出場した新里知佳野選手が見事、三位入賞成し遂げました。
なお、新里選手が準決勝で惜敗した同じ日本代表の鷹見由紀子選手が優勝をしております。

新里選手、おめでとうございます!


過去の記事