対人稽古予防ガイドライン(全剣連通達)6/4付

令和2年6月5日

  新剣連会員の皆様

                              一般財団法人新潟県剣道連盟

                                         会長  浅原 行雄

  対人稽古再開に向けた感染拡大予防ガイドライン作成について(お願い)

向暑の候、新コロナウイルス感染予防にご協力いただき誠に感謝申し上げます。新潟県は、5月15日以来感染者は確認されていません。また、感染者82名中81名の方が完治し退院されております。しかし、剣道は3密の可能性が高い武道です。今後も、クラスターとならないよう活動再開に十分なご配慮をお願い致します。

 つきましては、全剣連より対人稽古再開(6月10日)に向けて、別紙ガイドラインが提示されました。各加盟団体においては、各地域の行政指導および関係機関の指導に従い別紙ガイドラインに則って、加盟団体ごとにガイドライン及び活動計画を策定の上、対人稽古を再開してください。

なお、8月以降の大会および審査会につきましては、全剣連行事開催の可否に合わせて再検討致しますので、しばらくお待ちください。なお一層のご理解とご協力をお願い致します。

全日本剣道連盟 通達 
こちらです→ ガイドライン No1〜8

         図解こちら

※ 不明な点は下記担当にご連絡ください。

専務理事着装の一例です。手拭い1/4と平ゴムで作成しました。稽古後の洗濯は必須ですので、複数枚ご準備した方が賢明です。面マスクと各種シールドとの併用が望ましい。今後、熱中症などの対策も踏まえ、また感染の状況等も考慮しながら稽古して頂きたいと思います。 

一財 新潟県剣道連盟 専務理事 加藤  治

携帯:090-8683-6033

Mail: kenrenniigata@yahoo.co.jp

 

過去の記事