剣道における熱中症への取り組み他

 先般、当連盟では、新型コロナウイルス感染症に伴い、面マスク、またシールドの着用についても強く推奨しておりますが、全日本剣道連盟では、剣道における熱中症*の罹患状況を知るために、広く、熱中症発生情報を収集することとなりました。
 下記の期間内に剣道の稽古や活動内で、熱中症が発生した場合には、その程度にかかわらず、発生からできるだけ早く、かつ、わかる範囲で詳細に、事故について全剣連へご報告頂きますようお願い致します。また入院を伴う場合には必ず当連盟にご報告頂きますよう重ねてお願い致します。

  こちら→ 全日本剣道連盟 お知らせ

 実施期間:2020年6月17日〜9月30日

 

熱中症応急処置について → こちら

剣道が室内競技の中では最も発症しやすいと言われています。各指導者に於いては熱中症についての症状、また対処法などについてはPDFで道場等にプリントを常備しておいてください。

 最後に、先般、8月における県内の合宿及び審査会、大会等について中止の連絡をさせていただきましたが、審査会(昇段審査)については中止ではなく「延期」という形で、ご承知くださいますようお願い致します。

 残念ながら、6/12付で全剣連より全日本女子選手権(9/13)、全日本剣道選手権(11/3)の「延期」が発表されております。新潟県剣道連盟としても、9月以降の行事についても、なお、流動的な状況下でございますが随時お知らせして参ります。

         新潟県剣道連盟

過去の記事