令和3年度 新潟県剣道連盟専務理事 ご挨拶及び新役員ご案内

 御免ください。令和3年5月30日の新潟県剣道連盟の理事会の席上で、皆様からのご推挙を賜り専務理事に就任することになりました新潟市選出の理事の瀬野正英と申します。
 前職では高等学校の保健体育教諭等、県教育委員会、新潟県スポーツ協会の職員、私立高等学校非常勤講師、県内私立大学の特任教授を今年3月末で退職した1950年生まれの満70歳です。
   私の剣道歴は、市内の中学校入学後から高校・大学・社会人の現在まで、多くの関係者のお力添えもあり続いており、今でも幼稚園から大学、一般の方々と道場で週の半分ほど竹刀を交えております。また、少子高齢化の大波の中、その精神性も含め日本の伝統的文化遺産である「剣道」の継承について会員各位と同じく深く憂慮する一人でもあります。剣道を志す私たちを取り巻く環境は、全国共通に多難なものがあると存じます。そのような中にあって、会員各位同様に大好きな「剣道」のために皆様から英知を拝借しながら浅原会長を補佐し、皆様との情報の共有・周知や事業の見える化等を図りながら俯瞰的に本県剣道連盟の一層の発展に向け頑張ります。併せて、その職責の重さを犇々と感じているところでもあります。最後になりますが、組織運営に関し会員各位の格別なるご支援とご協力のお願いと会員各位の益々のご活躍をご祈念申し上げ、就任のご挨拶とさせていただきます。
       合掌

  令和3年6月吉日

一般財団法人新潟県剣道連盟 専務理事 瀬野正英 拝

新役員の選出に伴い令和3年・4年度の新役員名簿の更新を行いましたので
合わせてご案内致します。→  新役員名簿へ

 

 

過去の記事