令和4年度 八段受審者講習会開催報告【2022/10/19】

日時:令和4年10月16日(日)9時〜16時

会場:鳥屋野総合体育館武道場

令和4年度 八段受審者講習会の開催報告
秋晴れの10月16日(日)、新潟市鳥屋野総合体育館武道場において、東京から範士八段濱崎満講師と教士八段中田淳講師並びに新剣連の教士八段山田義雄講師、教士八段高橋直志講師、教士八段吉田仁講師の5人の講師を迎え八段受審者講習会を開催しました。
 開講式の後、濱崎講師から「審査上の留意点」として、剣道は段を取得することだけが目的ではありませんが、私が今まで多くの先生方にご指導いただいたことをお話させていただくとし、自ら八段受審する時のアドバイスを含めた「八段への道しるべ」、「段位審査に向けて」の講話は受講者にとっては貴重なものとなりました。      

 午前、模擬立合(4人1組、各組立合い終了毎に講師からキメ細かな指導)
午後、審査形式で模擬審査を行い、講師による絶対評価表での個々の評価をしていただきました。

【まとめ】

  模擬立合においては、濱崎講師、中田講師に終始、受審者に寄り添った事細かな指摘、指導していただきました。
 審査形式の模擬審査においては5人の講師に審査員になっていただき、1から10点満点で個々の採点とアドバイスを付記していただきました。

  さらに立合い形式の2分刻みの回り稽古を行い、その後5人の講師による指導稽古をいただきました。全剣連の剣道指導の重鎮であられる濱崎講師の切り落としは感動の極みを得たおもいでありました。また、47歳で八段合格された中田講師(48歳)の揺るぎなき剣風を目の当たりにして、受講者は大きな影響を受けたものと思います。

 遠路ご足労いただいた濱崎、中田両講師と山田講師はじめ地元講師の高橋、吉田両講師には、深く感謝申し上げます。

 受講された先生方におかれましては日頃の稽古に活かしていただき合格を目指して修練していただきますようお願い申しあげます。ウイルス感染症防止に万全を尽くして開催・運営していただきました係りの先生方には厚くお礼を申し上げます。

   審査 講習委員長  遠山正宣

過去の記事