第30回 新潟県中学校選抜剣道大会開催について(連絡案内1特例について)

先日、新潟県中学校選抜剣道大会について【連絡案内1】でご案内をさせていただきましたが、剣道部を部活動として常設していない複数の学校から参加の相談をいただきました。常設していない学校では担当顧問がついておらず、学校職員の大会への引率ができないという状況であります。以上を事務局で検討した結果、本大会において以下の特例を採用しますのでご理解とご協力をお願い致します。
  
     (一財)新潟県剣道連盟 会長 浅原 行雄

様式1〜3については、文中からダウンロウードしていただき、プリントし記載しての提出となります。

<参加特例>
本大会において、剣道部が常設されていない学校が、参加するにあたり、学校事情により校長・教員が引率できず、校長がやむを得ないと判断した場合は、保護者や外部指導者の引率を認めるものとする。

・保護者や外部指導者はいかなる場合も監督の資格を認めない。そのため、保護者や外部指導者が引率する場合は、監督を当該校長が認めた他の中学校の校長・教員に監督を依頼することとする。(大会の申し込みまでその手続きを終わらせておくこと)

・保護者や外部指導者が引率を行い、それに伴い、他校の校長・教員が監督を行う場合は「保護者・外部指導者引率報告書【様式1】と「新潟県中学校選抜大会依頼監督報告書【様式3】」を参加申し込みと同時に提出すること。

なお、他校の学校の職員に監督を依頼する場合は、必ず両校の校長間の確認が必要です。また依頼した学校には「新潟県中学校選抜大会依頼監督報告書【様式2】」を渡すこと。

・引率する保護者や外部指導者は大会会場に入ることはできるが、試合を行う試合場エリアには入場できない。ただし、ウォーミングアップを会場で選手とともに行うことは可能である。

※ 以上 お手数をおかけしますがご協力のほど宜しくお願い致します。

<問い合わせ先>
大会事務局:燕市立吉田中学校 山下 晃司
TEL:0256−93−3235

過去の記事