審査会情報

剣道昇段審査会 受審概況 新津 (2020/02/23)

会場:新津武道館

受審概況

審査段位 初段〜参段    受審者総数 139名 

合格率  83.4%

初段   受審者   63名   合格者   58名   不合格者    5名   合格率   92.0%
弐段   受審者   44名   合格者   40名   不合格者    4名   合格率   90.9%
参段   受審者   32名   合格者   18名   不合格者  14名   合格率   56.2%

【寸  評】  

本年度、最後の審査会でありました。荒天のなかにもかかわらず、大勢の方に受検していただきました。柳新津剣道連盟会長の挨拶の後、審査は粛々と進行し、無事終了することができました。

 ・実技についてであります。

切り返しは概ね良好ではありましたが、一部の受験者の中には正しい切り返しのやり方を知らないのではと思われるような受験者がいました。剣道の基本的動作の総合的な稽古法である切り返しを正しく正確に行えるようにしましょう(財団法人全日本剣道連盟編「剣道指導要領」第11節『切り返し』を参照)。

「始め」の場合の蹲踞のときに竹刀を床と水平に抜く受検者がいました。正しい蹲踞の仕方を日頃ご指導いただいている先生方に教わっておきましょう。「終わり」の場合は、蹲踞のまま竹刀を収めてから立ち上がります。剣道は相手方と礼法の所作を合わせることがとても大切な要素になっています。礼を失することなく、正しく行いましょう。気剣体一致の打突は必修です。三段受検者にあっては、ただ打ち急ぐことなく、理合に沿った、攻めから「出ばな」などの好機を鍛錬されてはいかがでしょうか。

 ・日本剣道形について

二段で不合格者がありました。日頃の稽古と並行に、剣道形の鍛錬を取り入れていただければ、剣道も充実したものになると思います。

 ・学科試験について

事前記載方式でありましたが。1名の受験生については、書き直しをしていただきました。剣道の良さ、楽しさを理解するためにも勉強してほしいと思います。
 最後になりましたが、新津剣道連盟の先生方には、細部にわたりご協力いただき無事審査を終了することができました。この場をお借りして厚くお礼を申し上げます。ありがとうございました。

  審査委員長 遠山正宣 


【合格者】剣道四・五段審査 新発田(2019/12/15)

会場:新発田カルチャーセンター

五段合格者
中之島剣道連盟 山北 美樹 (25)
新潟市剣道連盟 野矢 暁斗 (25)
新潟市剣道連盟 小森 哲 (30)
新潟市剣道連盟 中川 直人 (38)
小須戸剣道連盟 渡辺 大 (43)
西蒲剣道連盟 堀内健一郎 (43)
新潟市剣道連盟 森 裕一 (48)
警察剣道連盟 麩澤 正敏 (53)

 

四段合格者
警察剣道連盟 中村 準輝 (21)
長岡剣道会 柴田 修作 (21)
新潟市剣道連盟 中山 琢郎 (26)
阿賀野市剣道連盟 増子 勝俊 (38)

▷ 審査段位  初段〜五段    受審者総数 113 名 

合格率   71.7%

受審概況

初 段   受審者     34名   合格者    33名   不合格者      1名   合格率      97.0%
弐 段   受審者     26名   合格者    26名   不合格者      0名   合格率    100.0%
参 段   受審者     16名   合格者    10名   不合格者      6名   合格率      62.5%
四 段   受審者     12名   合格者      4名   不合格者      8名   合格率      33.3%
五 段   受審者     25名   合格者      8名   不合格者    17名   合格率      32.8%

※ 合格者の内、形のみの受審者6名。全員合格。

昇段審査会
【寸 評】           

 師走に入り、新発田会場の昇段審査会が、実施されました。受審者数につきましては、初・弐段・参段は減少、四・五段は増加という状況でした。
 初・弐・参段につきましては、「基本を修習・修得・修錬し」となっておりその観点から、正しい切り返しが身についているかが最低限の条件です。「守(基本)・破(応用)・離(創造)」の「守」です。さらに弐段・参段につきましては基本に裏付けされた対人技能が身についてきているかも審査の観点となります。
 なお、今回初段において学科試験再提出者が出ております。指導者の責任においてご指導をお願い致します。
四・五段は、「基本と応用を修熟し・錬熟し」ということで、「破」の段階です。基本を身に着け更に修錬を加えた上での対人技能・応用技能が身についているかが評価の対象となります。いわゆる理合に則った技が出せているかです。そこに日本剣道形を学ぶことの重要性が出てきます。
 なお、残念ながら今回、形で2名(四段1名・五段1名)の方が不合格となりました。基本は「木刀による基本技稽古法」で、理合は「日本剣道形」を通して学んでいただき正しく強い剣道を身に着けていただきたいと願っています。今後の更なるご精進を期待しています。

                       審査委員長  加藤 治

DSC_0001.JPG

 


【合格者】剣道称号「錬士」ー東京(2019/11/27)

剣道称号審査会 錬士(東京)合格者
令和元年11月27日(水)
会場名:エスフォルタアリーナ八王子
木村 友哉 (32) 新潟市剣道連盟
高原可央里 (35) 新潟市剣道連盟
佐藤 成亮 (37) 栃尾剣道連盟
坂上 結希 (43) 学校剣道連盟
 

こちらです→ 全日本剣道連盟HP


【合格者】剣道称号「教士」ー東京(2019/11/27)

剣道称号審査会 教士(東京)合格者
令和元年11月27日(水)
会場名:エスフォルタアリーナ八王子
植田 佳介 (38) 地蔵堂剣士会
石井 輝彦 (45) 学校剣道連盟
田畑 英樹 (45) 新潟市剣道連盟
川嶋 芳行 (46) 警察剣道連盟
山田 久仁彦 (56) 燕剣道連盟
岡﨑 竹虎 (63) 横越剣道連盟
金子 英夫 (63) 小千谷剣道会
 

こちらです→ 全日本剣道連盟HP


【合格者】居合道七段審査 ー東京(2019/11/30)

▶ 居合道七段審査会(東京)合格者
開催日: 令和元年11月30日(土)
会場名: 江戸川スポーツセンター
大西 恵 (61) 居合道部会
五十嵐前衛 (69) 居合道部会
小野 義弘 (73) 居合道部会

こちらです→ 全日本剣道連盟HP


【合格者】居合道六段審査 ー東京(2019/11/30)

▶ 居合道六段審査会(東京)合格者
開催日: 令和元年11月30日(土)
会場名: 江戸川スポーツセンター
杉下 英倫 (48) 居合道部会
諏佐 利光 (80) 居合道部会

こちらです→ 全日本剣道連盟HP


【合格者】居合道称号「錬士」ー東京(2019/11/27)

▶ 居合道錬士審査会(東京)合格者
開催日: 令和元年11月27日(水)
会場名: 江戸川スポーツセンター
高野 舞 (31) 居合道部会

こちらです→ 全日本剣道連盟HP


【合格者】剣道七段審査 ー東京(2019/11/27)

▶ 剣道七段審査会(東京)合格者
       令和元年11月27日(水)
       会場名:エスフォルタアリーナ八王子
原澤 裕 (49) 南魚沼市剣道連盟
増井 和彦 (53) 加茂剣道会

全剣連HP合格者氏名一覧へ→こちら


【合格者】剣道六段審査 ー東京(2019/11/26)

▶ 剣道六段審査会(東京)合格者
       令和元年11月26日(火)
       会場名:エスフォルタアリーナ八王子
瀬藤 栄一 (39) 警察剣道連盟
両角 和子 (62) 新潟市剣道連盟
成田 典明 (62) 燕剣道連盟
狩野 泰彦 (66) 吉田剣道連盟
桑原 常夫 (67) 南魚沼市剣道連盟

全剣連HP合格者氏名一覧へ→こちら


剣道昇段審査会 受審概況 三条 (2019/11/04)

会場:三条市福祉会館
審査段位  初段〜参段    受審者総数   52名 
合格率   90.3%

受審概況

初 段   受審者    33名   合格者  32名   不合格者    1名   合格率      96.9%
弐 段   受審者      8名   合格者    8名   不合格者    0名   合格率    100.0%
参 段   受審者    11名   合格者    7名   不合格者    4名   合格率      63.6%

三段 剣道形不合格 1名

形再審での合格者
   初段 1名
   二段 2名
   三段 1名  (すべて受験者内数)

 【 寸 評 】

令和元年11月4日三条市で昇段審査(初段から三段)が行われました。三条剣道会の皆様のご尽力により無事終了できました。まずもって関係者各位の皆様にお礼申し上げます。
 さて、初段、二段につきましては、正しい切り替えしが、概ねできており、これが良い結果に結びついたと思われます。しかし、発声に関して正しく行っていない方がおり、この点についてお話ししておきます。
 三段については、実技・剣道形ともにやや力不足の面もあり、審査員も合否が分かれた状況でありました。特に日本剣道形では、二本目の仕太刀が小手を抜く動作が不十分である点が多くみられました。どうか、合格された方は、これらを真摯に受け止め、より一層の精進を期待します。
 なお、剣道形の再審者4名については、共に前回失敗した箇所を改め、しっかりと修練された様子が認められました。
           
審査委員長 渡辺 久雄

 

過去の記事