受審概況

剣道昇段審査会 受審状況 佐渡 (2022/11/06)

1.日  時 : 令和4年11月6日(日)

2.会  場 : 両津総合体育館

3.審  査 : 初段~二段

4.審査方法 : 全日本剣道連盟段位審査規定及び審査細則

受審概況

審査段位   初段〜二段    受審者総数    14名 
       (参段については受審者なし)

合格率    100%

初 段 受審者    10名 合格者 10名 合格率      100%
弐 段 受審者      4名 合格者   4名 合格率      100%

  佐渡昇段審査会寸評 遠山正宣委員長 ▶︎ こちらです


剣道昇段審査会 受審状況 和島 (2022/09/25)

1.日  時 : 令和4年9月25日(日)

2.会  場 : 長岡市和島体育館

3.審  査 : 初段~三段

4.審査方法 : 全日本剣道連盟段位審査規定及び審査細則

受審概況

審査段位   初段〜三段    受審者総数    57名 

合格率    92.9%

初 段 受審者    28名 合格者 28名 合格率      100%
弐 段 受審者    19名 合格者 19名 合格率      100%
参 段 受審者    10名 合格者   6名 合格率      60%

  和島昇段審査会 寸評 

 今般、和島会場にて三島剣道連盟のご協力の元、コロナ対策を徹底し開催されました。初段28名 二段19名三段9名(再受審者1名)の受審者でした。ここ和島会場は事前講習もあってか、しっかりした打突と機会を捉えた稽古が出来ていたように思います、それがあっての全員の合格に結びついたものと思います。
 三段については残念ながら刃筋の通らない切り返しも見受けられました。稽古では無理打ちと、無駄打ちが多く、充実した気勢からの一本が欲しかったです。また、日本剣道形も「かたちだけ」で目が離れている方も多くおられました。普段より剣道形を重視して稽古に励んでいただきたいと思います。
 惜しくも昇段されなかった受審者の皆さんあと少しですので今言われた事を克服されて今後合格されることを願っております。
 審査委員長 山田 義雄

 


剣道昇段審査会 受審状況 新潟 (2022/08/11)

1.日  時 : 令和4年8月11日(日)

2.会  場 : 新潟市鳥屋野総合体育館

3.審  査 : 初段~三段

4.審査方法 : 全日本剣道連盟段位審査規定及び審査細則

受審概況

審査段位   初段〜三段    受審者総数    158名 

合格率    96.8%

初 段 受審者    92名 合格者 90名 不合格者     2名 合格率      97.8%
弐 段 受審者    60名 合格者 59名 不合格者     1名 合格率      98.3%
参 段 受審者      6名 合格者   4名 不合格者     2名 合格率    66.6%

  新潟昇段審査会 寸評

 令和4年8月11日新潟市鳥屋野総合体育館で昇段審査(初段〜参段)が行われました。コロナウィルス感染症に加えて猛暑の中での審査会となりましたが、新潟市剣道連盟の皆様から万全な予防対策を講じて頂き無事終了することが出来ました。御礼を申し上げます。
 さて、初段・弐段につきましては事前に講習会を行って頂いた成果が見られ、正しい切り返しが概ね出来ておりました。また弐段では初段からレベルアップした「弐段」としての剣道が認められました。
 参段につきましては、やや「攻め」に欠けていたように思いました。もう少し、気と剣先で攻める勉強をして頂きたいと思います。最後になりますが、参段で高校生の中に入り堂々と受審され合格された47歳の方に敬意を表したいと思います。
     審査委員長 渡辺 久雄

 


剣道昇段審査会 受審状況 小千谷 (2022/08/07)

1.日  時 : 令和4年8月7日(日)

2.会  場 : 東小千谷体育センター

3.審  査 : 初段~三段

4.審査方法 : 全日本剣道連盟段位審査規定及び審査細則

受審概況

審査段位   初段〜三段    受審者総数    68名 

合格率    95.5 %

初 段 受審者    30名 合格者 30名 不合格者     0名 合格率    100.0%
弐 段 受審者    32名 合格者 30名 不合格者     2名 合格率      93.7%
参 段 受審者      6名 合格者   5名 不合格者     1名 合格率    83.3%

  小千谷昇段審査会 寸評

 令和4年8月7日(日)小千谷市で昇段審査(初段から参段)が行われました。審査会では、コロナウイルス感染症が終息を見通せない中、小千谷剣道会の皆様には感染予防策を徹底して行って頂き御礼を申し上げます。
 さて、初段、弐段につきましては、正しい切り返しが概ねできておりました。しかし、充実した気勢に欠けていた点、受ける側が正しく受けていない点、この点について注意して頂きたいと思います。
 参段については、実技において、ただ前に出て打っている人が見受けられました。剣道は攻めが大切です。しかし、「攻め」とはただ前に出るのではなく、気と剣先で攻めることが不可欠だと思います。
 なお、剣道形については前日の日本剣道形講習会を熱心に行っていたとお聞き致しましたが、その成果が出ており、全員合格となりました。
 最後になりますが、コロナ禍で猛暑がまだまだ続きますが、次の段を目指し精進されることをご祈念し寸評と致します。

  審査委員長 渡辺 久雄

 


剣道昇段審査会 受審状況 阿賀野 (2022/08/07)

1.日  時 : 令和4年8月7日(日)

2.会  場 : 阿賀野市水原総合体育館

3.審  査 : 初段~三段

4.審査方法 : 全日本剣道連盟段位審査規定及び審査細則

受審概況

審査段位   初段〜三段    受審者総数    50 名 

合格率           100.0 %

初 段 受審者    37名 合格者 37名 不合格者     0名 合格率    100.0%
弐 段 受審者    12名 合格者 12名 不合格者     0名 合格率    100.0%
参 段 受審者      1名 合格者   1名 不合格者     0名 合格率    100.0%

 ※ 昇段審査の実施結果及び寸評

 阿賀野市剣道連盟様の早朝からのご協力のもと、初段37名 二段12名 三段1名の受審者を迎え審査を実施致しました。
 この長引くコロナ禍で稽古不足にもかかわらず全員立派な立ち会いをされ全員の合格となった事は大変嬉しく思います。引き続きその上を目指して目標を持った剣道修行に努めてください。全員の合格おめでとうございました。
    審査委員長 山田義雄

剣道昇段審査会 受審状況 新津 (2022/03/27)

1.日  時 : 令和4年3月27日(日)

2.会  場 : 新津武道館 

3.審  査 : 初段~三段

4.審査方法 : 全日本剣道連盟段位審査規定及び審査細則

受審概況

審査段位   初段〜三段    受審者総数  120名 

合格率    97.5 %

初 段 受審者    56名 合格者 55名 不合格者     1名 合格率      98.0%
弐 段 受審者    57名 合格者 57名 不合格者     0名 合格率    100.0%
参 段 受審者      7名 合格者   5名 不合格者   2名 合格率    71.0%

 ※ 昇段審査の実施結果及び寸評(新津)▶︎ こちら


剣道昇段審査会 受審状況 佐渡 (2021/11/07)

  1. 会場:佐渡市両津総合体育館

受審概況

審査段位   初段〜弐段    受審者総数  14名 

合格率    100 %

初 段 受審者    7名 合格者    7名 不合格者     0名 合格率    100%
弐 段 受審者    7名 合格者    7名 不合格者     0名 合格率    100%

 昇段審査の実施結果及び寸評(佐渡)

 佐渡市剣道連盟のご協力によりコロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに十分配慮し昇段審査を実施することができました。

 初段受審者については、剣道の基本を修習されており、動作も大変よかったです。二段受審者についても、剣道の基本を修得されおり、動作も良好でありました。初二段受審者に共通していることは、着装、礼法、気迫、間合、一足一刀の踏み込み足での打ち方(気剣体一致)、ムヤミに打つのではなく打突の好機での打ち、そして残心等も美しく爽やかに感じられるものでした。特に褒めたいことは、切り返しの引き出し方が良く、掛かる方も適格に行われ、正しく鍛錬し易いように修得されていました。その結果、実技は全員合格となりました。日本剣道形については、姿勢、目付け、五法の構えがきっちりとでき、刃筋も通り「横手」で合わせることもしっかりとできていました。剣道を正しく指導されている先生方の姿を想像させられました。したがって日本剣道形も全員合格でした。学科については、事前提出でありましたが、よく理解し、解答され全員合格でした。
 この度は初段受審者は7名、二段が7名の審査でした。幼少年剣士の減少や継続性がささやかれている中、日頃、幼少年剣士を大切にし、その育成に情熱を注ぎ指導していただいている先生方に対しまして心から感謝申し上げます。

 先般、三条市で講習会がありました。港からレンタカーに乗継ぎ、熱心に講習会を受講されている佐渡剣連の先生方を拝見しました。自己の剣道の修養に努め、能力を高めて、伝統ある佐渡の剣道発展に寄与せんとする指導者としての心得に対し、深甚から敬服いたしました。

 佐渡には沢山の世界の、国の、県の、そして郷土の宝があります。この度の14名の昇段少年剣士も剣道界の宝であります。先生方のさらなるご尽力をお願いいたします。
 コロナ禍も方向性が見えてきた気がします。両津港には観光客が大勢いて活気があふれていました。佐渡は良いところです。菊池会長、佐渡剣道連盟の先生方、ご協力ありがとうございました。

             審査委員長 遠山正宣   

 


剣道昇段審査会 受審状況 新潟 (2021/10/10)

  1. 会場:新潟市鳥屋野総合体育館

受審概況

審査段位   初段〜参段    受審者総数    132名 

合格率      94.6%

初 段 受審者    63名 合格者    59名 不合格者     4名 合格率    93.6%
弐 段 受審者    64名 合格者    61名 不合格者     3名 合格率    95.3%
参 段 受審者      5名 合格者      5名 不合格者     0名 合格率  100.0%

 昇段審査の実施結果及び寸評(新 潟)

令和3年10月10日(日)、新潟市鳥屋野総合体育館で開催されました。主管連盟の「審査実施にあたっての新型コロナウイルス感染症拡大予防ガイドライン」に沿い、係員や受審者の協力のもとで初段から三段まで132名(形の審査1名)審査を実施しました。この季節にしては場内30度前後の高気温でした。受審者においては各段ごとに場内入替えを行い、進行も怠りなく無事終了することができました。

初段では63名中4名不合格(実技)、二段では64名中3名不合格(実技)、三段の受検者は5名で全員合格でした。

 実技についてですが、毎回のように指摘していますが、初・二段は切り返しを刃筋を意識して鍛錬し、尚且つ一足一刀のしっかりとした踏み込み足で打ち込みができるように修練して、そして残心の構えを修得しておきましょう。三段の受審者については姿勢、構え、手の内はかなりの鍛錬のあとが見受けられました。今少し、理合のもと、打突の好機を逸することなく打ち切ることに心がけていただき、さらなる上達を望みます。

 段位審査の付与基準は、初段は「剣道の基本を修得し、技倆良なる者」、二段は「剣道の基本を修得し、技倆良好なる者」となっております。剣道の在り方については「剣道理念」があり、次に「剣道修練の心構え」があります。そのはじめに「剣道を正しく真剣に学び」と示されています。この「剣道を正しく」が「基本の修得」ということにつながります。基本と言うのは、自他ともに剣道を安全に導き、健康で生涯にわたり親しんでいただくものでもあります。初・二段のうちに、剣道を生涯の友とするためにも剣道の基本の修練、修得に努力しましょう。形審査にあっては、各段位とも全員合格となりました。形稽古は剣道の大切な勉強です。次の段位を目指して日頃の稽古に取り入れるようにしていただきたいと思います。
学科試験については、事前解答の方式でありましたが、概ね理解された解答でした。
 この度は新潟市剣道連盟の先生方のご協力により、怠りなく審査を終了することができました。紙面をお借りしましてお礼を申し上げます。

          審査委員長 遠山正宣


剣道昇段審査会 受審状況 阿賀野 (2021/08/08)

  1. 会場:阿賀野市水原総合体育館

受審概況

審査段位   初段〜参段    受審者総数    73名 

合格率      94.5%

初 段 受審者    21名 合格者    21名 不合格者     0名 合格率   100.0%
弐 段 受審者    46名 合格者    46名 不合格者     0名 合格率   100.0%
参 段 受審者      6名 合格者      2名 不合格者     4名 合格率     33.3%

【寸  評】 

  阿賀野市水原総合体育館にて初段から三段までの審査委員長としての機会を得ましたので寸評をして見ました。
初段受審者21名。二段受審者46名。酷暑そしてコロナ禍のなかお疲れ様でした。現在、日本もオリンピック競技の真っ最中です。受審者もまさに、本日、「金メダル」を目指して立合われました。
 いずれも切り返し及び立ち合いはその段位に相応しい立派なものでした、依って見事全員の合格となりました。三段については6名の受審者がありましたが、只打つのではなく機会を捉えた三殺法に依る打突と有効打突の条件を満たした打突で無いと合格点には達しないものと思います。残念ながら4名の不合格者が出てしまいましたが、日本剣道形と共に精進をして頂き再チャレンジしていただきたいと思います。
 最後に地元 阿賀野市剣道連盟の一丸となりましたコロナウイルス感染症予防ガイドラインに沿い、ご協力頂きましたことを寸評をお借りし、審査員を代表いたしまして御礼を申しあげます。

    審査委員長  山田義雄


剣道昇段審査会 受審状況 新津 (2021/02/28)

  1. 会場:新津武道館

受審概況

審査段位   初段〜参段    受審者総数   155名 

合格率      83.8%

初 段 受審者    88名 合格者    81名 不合格者     7名 合格率    92.0%
弐 段 受審者    49名 合格者    40名 不合格者     9名 合格率    81.6%
参 段 受審者    18名 合格者      9名 不合格者     9名 合格率    50.0%

【寸  評】 

 まさに青天、雲一つ無く見渡す山々も美しく、審査には絶好日となりました。主管連盟の「審査実施にあたっての新型コロナウイルス感染症拡大予防ガイドライン」に沿い、係員の誘導、受審者の協力のもとで初段から三段までの審査を実施しました。

 
  実技について(これからの受検課題として)「切り返し」は、正面打ちと連続左右面打ちを組み合わせた基本動作です。「構え(姿勢)」「打ち(刃筋や手の内の作用)」「足捌き」「間合の取り方」「呼吸法」さらに強靭な体力を養い「気剣体一致」の打突の習得をもとめています。方法は中段の構えから大きく振りかぶって正面を打ち、中段に復することなく頭上で直ちに手を返し、「送り足」で前進・後退の足捌きを伴いながら、交互に連続して刃筋正しく相手の左面・右面を打ち、打ち終わった段階で中段に復し正しく間合を取り、直ちに振りかぶって正面を打つ。これを2回を行い最後に正面打って残心をとります。切り返しの最初と最後の正面打ちは「一足一刀の間合」から一拍子で打てるようにしましょう。「切り返し」は最も基本となる相対的動作です。
 習得するには次の点についても留意してください。動作を大きく、ゆっくり正確に鍛錬して行きましょう。肩の余分な力を抜いて柔軟に左右均等の打ちになるように。動作は送り足で、後退は歩み足にならないようにします。息継ぎは、正面を打ち相手に接近したところで息を吸い、左右面を打ち終わって間合を取り、正面を打った時点で息を継ぎ残心を示しながら相手の攻撃に即応できるようにします。ここで気をつけなければならないのが頭、腰、膝などで調子をとって体の上下運動を大きくしないようにしましょう。
 稽古を重ね、旺盛な気迫を示し息の続く限り一息で体勢を崩すことなく行えるようにしましょう。今回、切り返しのやり直しをしていた受審者がおりました。注意しましょう。剣道形については概ね良好でしたが、日頃の稽古に「日本剣道形」「木刀による剣道基本技稽古法」をとりいれてほしいものです。学科については再提出者がおりました。剣道を正しく深く理解してもらうための学科であります。日頃から指導者のお話を理解したりして勉強しておきましょう。

 安全に審査を受検するために一言付け加えさせていただきます。今回の審査において「切り返し」「立ち合い」中に転倒する受検者が数人おりました。足捌き、身捌き、竹刀の操法、感覚などが身についていないのではないかと考えられます。十分鍛錬して受検に臨みましょう。今回の寸評は審査の重要な「切り返し」について全剣連「剣道講習会資料」から抜粋しました。
 最後になりましたが今審査の主管連盟の柳新津剣道連盟会長はじめ会員の皆様の尽力に感謝いたし、お礼を申し上げます。
            
 新津昇段審査会 審査委員長  遠山 正宣 


                


過去の記事